• <menu id="gies2"><menu id="gies2"></menu></menu>
  • <input id="gies2"><center id="gies2"></center></input>

    壽命について

    當社製品の壽命は、お客様の裝置の保守?點検時期を決める際において重要な要素と考えます。以下にそれぞれの製品における壽命の考え方についてご説明します。なお、壽命につきましては保証値ではありませんので保守?點検の目安としてご利用ください。

    モーターの設計壽命

    モーターの設計壽命を大きく左右するものが、軸受の壽命です。
    軸受の壽命は、以下の2種類で表すことができます。

    1. ①グリースが熱により劣化するグリース壽命
    2. ②転がり疲れによる機械的壽命

    モーターではほとんどの場合、軸受に加わる荷重に起因する機械的壽命の影響よりも、発熱によるグリース壽命への影響が大きいため、①のグリース壽命が支配的となります。
    この軸受グリース壽命に最も影響を與える要因は溫度であり、壽命時間が大きく左右されます。このことを簡単に表現したものが下図のグラフです。
    このグラフは、軸受の溫度が15℃上昇するごとに、軸受グリース壽命が半減するということを表現しています。

    モーターの設計壽命

    より永くお使いいただくために、モーターの溫度を低くする対策をとっていただけると効果的です。
    下表に、各モーターの軸受平均グリース壽命の目安を參考として示します。

    製品 運転條件 軸受平均グリース
    壽命の目安時間[h]
    インダクションモーター
    運転
    :連続、一方向
    トルク
    :定格トルク
    負荷の種類
    :一様負荷
    速度
    :定格回転速度
    周囲溫度
    :30℃
    30,000
    ブラシレスモーター 40,000
    サーボモーター モーターケース表面溫度
    80℃で運転した場合
    50,000
    ステッピングモーター
    使用方法や環境條件などの運転條件によって軸受グリース壽命は大きく影響を受けますので、ご注意ください。
    AC小型標準モーター、ブラシレスモーター、ACサーボモーター

    モーターケース表面溫度90℃以下で使用してください。

    ステッピングモーター

    モーターケース表面溫度100℃以下で使用してください。

    使用周囲溫度や運転デューティの関係でモーター表面溫度が低いほど壽命は長くなります。
    なおラジアル荷重が大きい場合など、まれに機械的壽命がグリース壽命より短くなる場合があります。

    AZシリーズは80℃以下、PKPシリーズ/PKシリーズ エンコーダ付は85℃以下です。

    製品を選ぶ

    ページの先頭へ戻る